窪田 真佑子

ヴァイオリン

窪田 真佑子

2歳半よりヴァイオリン、5歳よりピアノを始める。学習院女子中等科、高等科、学習院大学文学部卒業。 2010年せたがやジュニアオーケストラにてコンサートミストレスを務める。 2013年、NHK放送技術研究所主催「NHKふれあいコンサート2013」にて、ゲストソリストとしてNHKフレンドシップ管弦楽団とモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番1楽章を共演。学習院大学管弦楽団にてコンサートミストレスを務める。 日本オーストリア文化交流会主催「我が夢の街の夜会2015」にて、弦楽クインテットのメンバーとして演奏。 Orchestra MOTIFメンバーとして、定期公演に出演する他、「第1回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬」に出演。 2017年3月、マリーンシャトル「船上のバイオリンとピアノデュオ」に出演。 同年5月、赤坂にて「窪田真佑子リサイタル」を開催。GINZA MATSUYA開店記念祭にて演奏。その他、ライブ出演多数。 現在、アンサンブルやソロ、オーケストラを中心に、フリー奏者としてイベントやコンサート等で幅広いジャンルの演奏活動をおこなっている。これまでに、荒井友美、荻野照子、奥田雅代に師事。現在、徳永二男に師事。