あの音楽映画やドラマの演奏シーンのからくりを大公開!

2017年3月15日(水)

 

音楽をテーマにした映画やドラマは、多く存在していますね。

最近では、「カルテット」という音楽ドラマがテレビで放映中なので、観たことがある人も多いのではないでしょうか?

 

そんな音楽映画やドラマを見ていて気になるのは、「誰が演奏しているの?」「役者さんたちはどこまで本当に演奏しているの?」ということではないでしょうか。

 

 

 

<音楽映画やドラマでは、演奏シーンの本物感が大事>

 

基本的に、手元がアップになったり顔が分かる演奏シーンでは、役者さんたちが実際に演奏しているか、演奏している演技をしています。

本物感を出すために、役者さんたちは多くの練習時間を費やして頑張っています。

 

例えば、オーケストラブームを起こした「のだめカンタービレ」は、役者陣の演奏シーンの演技の上手さにも定評がありました。

「マエストロ」という映画では、松坂桃李さんがヴァイオリン、miwaさんがフルートの演奏を吹き替えなしでおこなっています。

 

このように、音楽映画やドラマでは、役者さんたちの演奏シーンがいかに本物に見えるかということが求められています。

 

 

 

<演奏シーンはプロのミュージシャンにおまかせ>

 

そうはいっても、役者さんだけで音楽映画やドラマを完成させるのは難しいのが現状です。普段楽器を弾かない役者さんが演奏をすると、楽器経験者から見るとぎこちなく、不自然に見えてしまい、内容が伝わりにくいのです。

 

そこで、難しい演奏シーンではプロのミュージシャンの出番です。

ここ最近の有名どころでは、、、

 

*「のだめカンタービレ」

現在放映中の大河ドラマの主題曲のピアノ奏者でもある、世界的ピアニストのランランさんが吹き替え演奏していました。

主人公の個性豊かな特徴と、ランランさんの豊かな表現力のある演奏がよく合っていて、作品がより引き立っていると高い評価を得ています。

 

*「カルテット」

吹き替え演奏は、私立音楽大学の中で有名な桐朋学園大学の同期生で結成された演奏グループ「QUARTET PAPAS(クァルテットパパス)」

グループ名は、このドラマの名前の由来になったとも言われています。

クラシック音楽にとどまらず色んなジャンルの曲を、オリジナルアレンジで演奏しています。

 

 

音楽映画やドラマの要となる演奏シーン。

プロのミュージシャンの力が支えとなり、より質の高いリアリティのある内容になっているんですね。

 

 

 

<演奏も演技もできるミュージシャンが求められている>

 

プロのミュージシャンが活躍しているのは、音楽映画やドラマだけとは限りません。映画やドラマの中に演奏シーンがあるものは、他にもたくさん存在していますよね。プロのミュージシャンは、意外と活躍の場が広いんです。

 

また、演奏技術はもちろん、時には役柄にあわせた多少の演技力を要求されることもあります。クライアントの要求に答えた演奏ができるタレントミュージシャンは、これからも需要がなくなることはないでしょう。

 

 

 

 

あの音楽映画やドラマの演奏シーンって、実はそんなからくりがあったんですね。これからは演奏シーンにも注目してみると、また違った楽しみ方ができそうですね。

 

演奏シーンをこなせるミュージシャンをお探しの方へ。

オトエイミュージックでは、演奏歴20年以上のミュージシャンが在籍しています。私たちが派遣されてたくさんの人の前で演奏している技術は、付け焼刃で身につけられる技術ではありません。誰が見ても納得のいく演奏と演技をご提供させていただきます。

演奏シーンのご依頼であれば、実績と技術をもった当社をご検討ください。

 お仕事のご相談・ご依頼はこちら>

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容