頭の中に流れ続ける音楽「イヤーワーム」の対処法

2017年3月15日(水)

「頭の中で同じメロディが流れて集中できない~」なんてことありませんか?

実はこの現象は世界中の人に起こるものであり、英語では「耳の虫」という意味で「earworm(=イヤーワーム」と言うです。確かに、耳の中で虫が鳴いているような感覚ですよね。

 

多くの人を悩ますイヤーワームは、専門家によって研究も進められています。

今回はそんなイヤーワームに焦点を当てていきます。

 

 

 

<個人差はあるが、誰でもなるイヤーワーム>

 

調べによると、世界各国98%の人がイヤーワームを経験しているそうです。

また、男女とも同じくらいの割合でこの現象を経験しています。

ただある研究によると、「女性の方がより長い時間イヤーワームが継続し、男性よりも不快感が大きくなる傾向がある」という報告もあります。

 

イヤーワームが起こっている最中の状態には、個人差があります。

「数分でおさまる人もいれば、数日間にわたって続く人もいる」

「不快に感じる人もいれば、そこまで気にならない人もいる」

といった具合です。

 

 

 

<いまだ謎めいた存在のイヤーワーム>

 

イヤーワームとは特定の曲の特定のメロディが流れるものですが、流れる曲には個人差があるようです。

よく聴いているお気に入りの曲の場合もあれば、直前まで聞いていた曲、どこかで一度聞いただけの曲までと一貫性がなく、あらゆる場面でイヤーワームとして現れます。

 

「どのようなきっかけで、なぜ起きるか」

多くの研究者がイヤーワームについての研究を行っていますが、その時々で結果が違っており、いまだ具体的なメカニズムが分かっていません。

イヤーワームは、いまだ謎めいた存在なのです。

 

 

 

<イヤーワームに効果のある対処法>

 

では、私たちは何もすることができないのでしょうか?

実は、イヤーワームに効果がある対処法に関しては、少しずつ明確になってきています。ここでは3つ紹介します。

 

その1:ガムをかむ

「何かを噛んだり口を動かすことは、短期記憶や音を想像するのを妨げる効果がある」ということは、以前から知られていました。それを利用した対処法の1つです。

 

その2:音楽を一曲まるまる聞く

一部の特定のメロディが流れ続けるイヤーワームに対して、曲をはじめから最後まで聞ききることで対処する方法。「音楽には音楽で」という考え方ですね。

イヤーワームで流れている曲を選ぶのか、まったく別のメロディの曲の方が効果があるのかは、個人差があります。

 

その3:音楽に関係ない別のことをする

ゲームをする、メールを送る、ジョギングをする、電話をする、など音楽と離れて何か別のことに集中するという方法。

こちらも個人によって集中できるものは違うので、自分に合った方法を選びましょう。

 

 

 

「よく起こるあの現象はそういうことだったのかぁ」と納得していただけましたでしょうか。個人差もあり、解決方法がはっきりしていない謎の多いイヤーワーム。あまり思いつめずに、気持ちを切り替えてみるのもいいかもしれません。

次にイヤーワームに悩まされることがあれば、上にあげた方法をどれか試してみてくださいね。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容