賢いカップルに評判の格安結婚式を利用してみよう♪

2016年9月10日(土)

結婚式=お金がかかる、というのは昔の話。今は「自己負担金0円」から結婚式が出来るのです!自己負担金0円で結婚式ができるってどういうこと?今回は、格安結婚式のしくみとメリット・デメリットをご紹介します。知らないと損をするかもしれませんよ!

 

結婚式の予算=ふたりの貯金+親からの援助+ご祝儀

結婚式の予算は、「ふたりの貯金+親からの援助+ご祝儀」で見積もることができます。

つまり、自己負担金0円とは、「ゲストからのご祝儀内で収まるプランですよ」という意味なのです。格安プランの場合は料金も後払いのことが多いので、ご祝儀をいただく前にお金を用意する必要がない場合がほとんどです。

 

格安結婚式のメリットは、単純に「安い」だけじゃない!

格安結婚式のメリットは「安い、後払いが可能」など、お値段にかかわることばかりではありません。隠れたメリットとしては、「格安結婚式は手間いらず」があります。というのも、結婚式の準備というのはすごく手間がかかるのです!

ドレスはどうする、アクセサリーはどうする、食事はお花はペーパーアイテムは…と、次々に選ぶことがでてきます。それが結婚式の準備での楽しみともいえるのですが、プランナーさんにワンランク上のアイテムを見せられるたびに心が動き、気が付けば当初の見積額なんて軽く超えていくのがお約束です。そして最初はウキウキと選んでいたものの、次第に選ぶのが面倒になってくるのも、よくある話です。

格安結婚式は、主要なアイテムがパッケージングされていますので、あれこれ選ぶのに悩む必要はありません。大きな声では言えないけれど結婚式の準備がおっくう、というアナタにも、格安結婚式はオススメです。

 

デメリットは自由がきかないこと

「格安結婚式はパッケージングされている」ということは、当然選択幅が狭くなります。このプランの売りは「格安であること、会計が明瞭であること」ですので、金額に幅がでてしまう選択肢は省かれてしまうのです。後になって「こんなことが出来ないなんて!」と悔いることのないように、事前に自分たちの譲れない点と妥協できる点をはっきりさせてから、格安プランを選ぶようにしましょう。式場や業者によって特徴がありますので、複数のプランから比較検討をしてみてくださいね。

 

大切なのは「どういう結婚式にしたいのか?」のビジョン

上にお伝えしました通り、メリットとデメリットは表裏一体です。ある人にはメリットでも、ある人にはデメリットになってしまうものなのですね。こだわりの結婚式を挙げたいのであれば、従来のプランのほうがおすすめですし、結婚式の内容に特段のこだわりがないのであれば、結婚式では格安プランを利用しつつ、1.5次会などでこだわりのステージを催すのも賢い選択でしょう。大切なのは「どういう結婚式にしたいのか?」というビジョンです。二人でよく話し合って、後悔のない結婚式を迎えてくださいね!

 

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容