貯金がなくても理想の結婚式を挙げよう!

2017年1月22日(日)

従来の式の形にこだわらない、自分たちだけのウェディングをする若者たちが増えてきています。晩婚化、また女性の社会進出がすすむ中で結婚式も多様化してきているようです。プロポーズを受けたら、まずは自分たちがどのような式にするのかを話し合うのがいいかもしれません。そこで今回は最近人気のスマート婚、スマ婚(スマート婚の略称)について紹介したいと思います。

 

スマ婚の特徴について

本来結婚式を挙げるためには、いくつかの式場へ足を運んで、その中から自分たちが選んだお気に入りの場所でプランナーさんと打ち合わせをする必要がありました。

しかしスマ婚は逆の発想をします。

プロデュース会社が自分たちにあった式場を紹介してくれるという形です。つまり、会場、ドレス、引き出物など各種アイテムを自社で持っておらず、それらをつなげていくトータルプロデュースの役割を担っています。

 

スマ婚の仕組みについて

全国に一流ホテルとレストランとの契約があり、その中から自分たちが気に入った場所を選択できるのが大きなメリットです。またウェディングドレスも豊富にあり、持込料なども一切かかりません。演出に関しても自分たちの希望はもちろん、専任プランナーさんがつくので、打ち合わせの段階から当日まで担当してもらうことが可能です。

 

いくらかかる?気になる金額について

結婚式場を持っていると数十億円以上の建設、維持、運営費用がかかってしまいます。式場を持たないということは、その負担がゼロということ。お陰で結婚式にかかる費用を大幅に抑えることが可能になっています。また結婚式に必要なアイテムを大量に仕入れることで原価を抑え、適正価格で案内されていることも大きな特徴です。

では式全体にかかる予算を比較してみましょう。

結婚式にかかる平均的な予算が300万から400万円と言われています。一方スマ婚の平均価格は200万円ほどです。

通常に申し込む式と同じクオリティの挙式、披露宴でありながら、支払う金額が低価格であるというのが人気の秘訣です。

 

後払い可能?

支払い面での他の結婚式場との大きな違いは、御祝儀による後払いが可能なことです。前払い金が少なくて済むということで、経済的な理由で結婚式を諦めようとしていたカップルに大好評です。

またホテル挙式であれば、最初の見積もりからイベントや食事内容の変更により加算されていくのが通常ですが、スマ婚では契約時に提示され、納得した金額からは料金は変更しません。これなら安心して式のプランを立てることができますね。

いかがでしたでしょうか?

従来の形にとらわれず、スマ婚にしてみるのもいいかもしれませんね。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容