親族だけで披露宴を行う時、場所はどんなところを選べばいい?どんな演出をすればいいの?

2017年1月19日(木)

最近は自分たちに合った式の形を選ぶカップルが増えています。例えばリゾート婚、1.5次会、ホテルでの披露宴など、その形は多種多様です。

そのような中、自分たちが結婚したことを披露する場として「内輪の食事会」や「親戚だけの披露宴」をするカップルが増えています。披露宴のように華やかな演出をメインするのではなく、自分達を互いの親族に紹介すること、親族同士が穏やかに歓談できる機会を作り、交流を図ることなどが目的です。

 

どこでする?親族だけの食事会・披露宴

親族だけの食事会、披露宴にはホテル、レストラン、料亭などが利用されます。プライベートの空間を大切にするためにも、完全貸切りにできる場所や個室がおすすめです。ホテルの場合は小宴会場を利用。また、最近は食事の前に教会や神社などで挙式をあげるプランが人気です。最近ではレストラン内に独立チャペルが設置されていたり、またエントランスでの挙式が可能であったり、セレモニースペースが設けられている場合もあるので、自分たちの好みに合わせて様々な式の形が叶います。

他には遠方からのゲストのことを考えると、なんと言ってもアクセスの良い場所がおすすめです。

 

特別な食事会、どんな演出にする?

親族の顔合わせというだけでなく、せっかくのお披露目の場ということもあり、食事を食べて歓談だけではなく、小さいながらもちょっとした演出をするカップルが増えています。

実際ホテルではドレスとケーキカットなどがセットになったプランなどが用意されており、小宴会場を使って親族だけでの披露宴が可能です。また司会は司会者に頼む事もできますが、新郎新婦が自らすることもあります。乾杯の挨拶、キャンドルサービスなど、例えば二人の子供の頃からの成長がわかるDVDをモニターに流す演出は人気のようです。

ホテルだけでなく、多くのレストランや料亭でもこういったウェディング向けのサービスが用意されています。

 

気を配るポイントは?

少人数でアットホームだからこそ気をつけたいポイントがあります。レストランや料亭では演出よりも料理にこだわるカップルが多く、場所によっては結婚式用のメニューを用意しているところもありますが、シェフと直接相談しながら料理の内容などを決められることが特徴的です。ゲストのアレルギーについては事前にチェックしておきたいポイントです。また年齢層に合わせたメニューなどは大変喜ばれます。

また、大切なのは両家の顔合わせ。ゲストとの距離も近いため、新郎新婦が率先して挨拶をするなどして、両家の仲を取り持つことが大切です。食事会の場所を設けることで、今までお世話になった親族共に喜びを味わえる良い機会になるのではないでしょうか。

 

結婚式の形は時代と共に姿を変え、多様化している傾向にあります。親族へのお披露目は、今までの感謝の気持ちを伝えることができる場でもあり、最近では利用するカップルが増えています。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容