脱マンネリ♪忘年会の余興でプロの和楽器を呼ぼう

2016年10月12日(水)

毎年恒例の忘年会。仲間でにぎやかに過ごすだけでも楽しいですが、恒例行事になってしまうと、ちょっとマンネリ感もでてくるのではないでしょうか。今年の忘年会は違った!とみんなに喜んでもらうためには、いつもと違う企画を立ててみるのが有効です。たとえば、余興でプロの和楽器を呼んでみるのはいかがでしょうか?一年の締めくくりにふさわしい、素敵な思い出になりますよ。

 

和楽器にはどんな種類があるの?

和楽器と一言にいっても、忘年会でどの楽器を選べばいいのか迷ってしまいますね。弊社では、お琴、和太鼓、津軽三味線の奏者が在籍しています。楽器ごとにおすすめポイントをご紹介しますので、ぜひ選ぶときの参考にしてください。

 

お琴

お琴は和楽器のなかでも、幅広い演奏が出来るのが魅力です。ヴィジュアルは華やかですが音量はあまり大きくないので、騒音で苦情が来ることもないでしょう。雅な雰囲気の演出にぴったりです。

 

和太鼓

和太鼓の魅力は、なんといってもその迫力です。体に響く低音は、魂まで震えることでしょう。また和太鼓は、古くから縁起物として使用されてきました。今年一年の労をねぎらい、来年に向けての英気を養うための忘年会には、うってつけの和楽器ですね。

 

津軽三味線

津軽三味線といえば、ダイナミックな演奏が特徴の和楽器です。叩くようにも弾くので、打楽器のような迫力もあります。和太鼓はNGの会場でも、津軽三味線なら大丈夫なのではないでしょうか。

 

楽器ごとに特徴がありますので、演出したい雰囲気や、会場の都合に合わせて選んでくださいね。これらの和楽器を組み合わせることも、もちろんOKです。和楽器を組み合わせることで、多様な音色で忘年会をより華やかに彩ることができます。

 

どのように申し込めばいいの?

メール、またはお電話にて弊社までお問い合わせください。詳しくは、「当日までの流れ」をご覧ください。

 

プロの和楽器で感動の忘年会を!

忘年会のイメージといえば、飲んで騒いで年忘れ…という感じですが、今年の忘年会はそこからさらにステージアップをして、「感動できる忘年会」を目指しませんか?プロの和楽器には、音楽を聴く人々を感動させる力があります。音楽の感動で日々の疲れを洗い流し、「今年一年いろいろあったけど、いい一年だったな。」「来年もまた、この仲間たちがいるから頑張れるな。」と参加者たちが前を向いてくれれば、この忘年会は大成功でしょう。幹事さんの印象アップも間違いナシ!かもしれません。

 

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容