結婚式のBGMの意見が合わない!喧嘩しないで決めるには?

2017年1月16日(月)

夢にまで見た結婚式。自分の結婚式は大好きなあの曲を使おう!と、楽しみにしていたことだと思います。ところが、パートナーは違う曲がいいと言い出した…。音楽に思い入れがあるカップルほど、意見が合わずに喧嘩になってしまう危険がありそうです。せっかくの楽しい結婚式準備期間を、喧嘩ばかりで過ごすのは嫌ですよね。そこで今回は、喧嘩をせずに結婚式のBGMを決める方法を、ご提案したいと思います。お互いが満足するBGMは、どうやって選べばよいのでしょうか?

 

提案1 使用シーンのイメージを2人で共有して、イメージに合う曲を選ぶ

入場シーンであれば、おごそかな感じで入場したいのか、それともにぎやかに入場したいのか。これだけでも、選ぶ曲のイメージはずいぶんと変わります。まずは、このシーンはどんなイメージにしたいのかを、2人で共有するようにしましょう。そうすることで、パートナーに対して「なんでこんな曲を選ぶの!?」と腹が立つことは減るでしょうし、もしかすると、自分が考えていた曲以上に、パートナーがイメージにぴったりの曲を知っているかもしれません。

 

提案2 使いたい曲ランキングを2人で持ち寄り、ランキング上位曲から選ぶ

まずはお互いが「BGMに使いたい曲ランキング」をつくり、そのなかでも「どうしても使いたい」曲から採用するようにします。ここでポイントなのが、使いたい曲を口で言うだけではなく、手書きでもエクセルでもいいので、目に見える一覧表にすることです。このように一度「見える化」をすれば、喧嘩をせずに冷静に決めることができるでしょう。

 

提案3 シーンごとに分担を決め、担当シーン内でお互いが自由に選ぶ

あまりにも音楽の趣味が違う、お互いにゆずれない曲がある、という場合は、シーンごとに担当を分けてしまう方法もアリです。自分の担当シーン内で、思う存分大好きな曲をBGMにしてしまいましょう!この方法を選ぶのであれば、すべてのシーンを分担制にしてしまうよりも、2人で決めるシーンも残しておくのがおすすめです。2人の思い出の曲などもいれることで、自然な構成になるでしょう。

 

提案4 2人の使いたい曲を持ち寄り、結婚式のプロに相談しながら選ぶ

最後に、一番確実な方法がこちらです。結婚式と音楽の両方に精通したプロであれば、新郎新婦の好みを大事にしながら、結婚式のBGMとしてベストな提案をすることが可能です。プランナーさんに相談するのもよいですが、結婚式での演奏経験が豊富なミュージシャンに相談すれば、楽器の使い方やアレンジの仕方などで、より好みにフィットした、オーダーメイド感覚のBGM作成が出来るのが強みです。

 

結婚前に喧嘩をすると、「こんなに意見が合わない人と結婚して大丈夫かしら…」とナーバスになってしまうことだと思います。この機会に、2人に合う意見の合わせ方を見つけて、これからの結婚生活に活かしてくださいね。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容