結婚式の髪型を、自分でセットするときのポイントは?

2017年1月14日(土)

結婚式に参加するときの悩みのひとつがヘアスタイル。華やかでありながら、最低限のマナーも守る必要があるので、ヘアスタイル選びは大変ですよね。最近では、自分でアレンジする女性も増えてきています。この記事では、自分でアレンジする際に、パーティードレスに映えるフォーマルな髪型にするポイントをご紹介します。

 

■アップスタイル

結婚式の参列者やゲストとして出席する場合にオススメの髪型は、華やかでありながらきちんとした印象を与える「アップスタイル」。うなじが綺麗に見えるアップスタイルは、ネックレスなどのアクセサリーを目立たせる効果もあります。最近人気のアップスタイルのアレンジは、サイドに後れ毛を出したり、まとめた髪の毛先を散らすこと。さりげなく散らした髪は、小顔効果や程よい抜け感のあるフェミニンさやセクシーさを演出できます。また、ちょっとガーリーに仕上げたい場合は、編み込みを取り入れたアップスタイルがおすすめです。

 

■ハーフアップスタイル

ヘアアレンジ初心者にオススメの髪型が、ハーフアップ。髪が短い場合にも、ハーフアップなら少しのアレンジで華やかに見えます。ヘアアレンジに慣れていない場合は、髪をゆるふわに巻いてから、アップしたい箇所をふんわり結んで完成。慣れている場合は、編み込みを入れつつ結ぶとさらに華やかさがプラスされます。ハーフアップスタイルの場合、食事の際に髪が落ちてこないように気をつけなければいけません。髪を作り終えたら、一度頭を下げて髪が落ちてこないかを確認しましょう。

■ダウンスタイル

流行のガーデンウェディングや、1.5次会や2次会にオススメなのが、ダウンスタイル。ナチュラルでかっちりしすぎないヘアアレンジがポイントです。最近人気のダウンスタイルは、前髪を流すようにアレンジし、サイドと一体感を出すスタイルです。自分でアレンジをする場合は、髪を巻くときに前髪とサイドに一体感が出るようにします。また、ルーズ感やラフ感を出しすぎないよう注意しましょう。頭を下げたときに落ちてきそうな髪は、ヘアピンやカチューシャで留めたり、ヘアゴムで結ぶとより好印象になります。おしゃれに仕上げつつも、マナーを守った髪型にするのがポイントです。

いかがですか?結婚式のヘアアレンジのポイントは、「華やかさ」と「キチンと感」です。アレンジに迷った時は、この2つのポイントにあっているかを基準にすると良いですね。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容