結婚式でプロに演奏依頼をするメリット·デメリットとは

2016年10月22日(土)

結婚式の準備をする際、BGMや余興のための音楽を選びますよね。

最近では、あえて演奏をプロにお願いするケースが増えてきているようです。

 

「せっかくの特別な時間だから、より特別感を出したい!」

「でも、実際のところプロに演奏をお願いしたら、どんな良いことがあるの?

逆にデメリットはないの?」

 

そんな疑問を持つお二人のために、今回は、結婚式でプロに演奏依頼をした場合のメリット·デメリットをお伝えしていきます。

 

 

<プロに演奏依頼すると、こんなメリットがある!>

 

1番のメリットは、格式が高く、特別で高級感のある場所を演出できることです。

やはりプロの生演奏は、CDなどの音源に比べて迫力が感じられます。

普段から音楽好きなゲストはもちろんですが、そこまで音楽に馴染みのない方でもプロの生演奏に感動するケースはよくあります。

 

また、自由度の高い演奏が可能なことも大きなメリットです。

新郎新婦やゲストの思い出の曲をリクエストに応えて演奏することや、それぞれのシーンに合わせた選曲を提案することが可能なのも、プロだからできることです。

どんな選曲をしていいか分からない場合も、プロとしての経験からアドバイスしてもらえますし、イメージを伝えると、全曲おまかせで演奏してくれるところもあります。

 

結婚式のスタイルが多様化している今だからこそ、演奏楽器や演奏曲もスタイルに合うものが求められている傾向にあります。

プロに相談すると、より2人らしい結婚式を作り上げていくことができそうですね。

 

 

<プロに演奏依頼するデメリットもあります>

 

当然ですが、1番は費用がかかるということです。

CDなどの音源を流す場合と比べると、数万はプラスになることを覚悟しておきましょう。

しかし、他に予算をかけるよりもプラス数万で格式高い式を演出できると思えば、意外とお得だという考え方もあります。

 

また、予算の関係で演奏者の数を少なくすると、生演奏とはいえ、逆に物足りなく感じるケースもあるようです。

ジャズバンドの演奏をお願いするか、盛り上げたいシーンではCDを使用することを考えてみるとよいでしょう。

 

他に、「演奏者のレベルの差がある」「想像していた演奏ではなかった」などの意見もなかにはみられるようです。

プロに演奏依頼する際は、事前に必要な情報をしっかり把握しておきましょう。

きちんと情報公開しているところを選び、お問い合わせ段階から細かく要望を伝えておくことが大事です。

 

 

大切な結婚式だからこそ、音楽にもこだわりたいところですよね。

そんな新郎新婦にとって、プロに生演奏を依頼することは、ベストな選択肢の1つなのではないでしょうか。

自分たちのイメージや予算と、メリット·デメリットをよく照らし合わせて、じっくり検討してみてくださいね。

 

*************

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容