気になるプロの楽器のお値段!どれくらい高級品なの?~弦楽器編~

2017年2月3日(金)

プロミュージシャンが愛用している楽器といえば、仕事の大切な相棒。プロのお眼鏡にかなう楽器は、やっぱりお値段もプロ仕様なのでしょうか?そこで、プロのみなさんがどんな楽器を使っているのかを調べてみました。今回はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの値段をご紹介します。

 

プロヴァイオリニストの楽器のお値段は?

プロ仕様のヴァイオリンといえば、すごく高級な楽器というイメージがありますよね。世界最高峰といわれるストラディヴァリウスや、グァルネリなどのヴァイオリンは、1億や2億といった値段で取引される、という話も聞いたことがあるかもしれません。実際のプロのオーケストラプレーヤーや、アンサンブルの演奏活動をしているプロ奏者は、100万円から1000万円を超える値段の楽器を使用しているようです。1億のあとに聞けば安く感じますが、それでも相当な高級品ですね。ちなみにヴァイオリンは、趣味で使う目的の一番安いモデルであれば、1万円台から手に入れることができます。とても値段の幅が広い楽器なんですね。

 

大事なのがヴァイオリンの“弓”!

ヴァイオリンといえば、忘れてはいけないのが“弓”の存在。楽器と同じくらい重要とされ、別売りで本体のおよそ1/3程度の値段のものが使われています。最高級クラスのものは、やはり1000万円を超える値段で取引がされるそう。プロが使用しているクラスとなれば、弓も100万円単位のものが主流です。一方趣味レベルのものであれば、こちらも1万円台から手に入れることができます。

 

ヴィオラやチェロのプロは、どんな楽器を使っている?

プロのオーケストラプレーヤーや、アンサンブルの演奏活動をしているプロのヴィオラ奏者は100万円から200万円程度、チェロ奏者は数十万円から1000万円程度の楽器を使っているといわれています。また、ヴィオラやチェロもヴァイオリンのように、ストラディヴァリウスなどの名器になれば億を超える値段の楽器が存在します。一方、ヴィオラを趣味用に手に入れたいのであれば、安いものは3万円程度で買えるようです。チェロだと4万円程度からのようです。

 

演奏とは楽器職人と奏者の総合芸術

プロ仕様の楽器は、どうしてこんなにお値段が高いのでしょうか?それは、プロ仕様の楽器が良い職人による良い材質でこだわり抜いてつくりあげた芸術品だからです。楽器職人と鍛錬を積んだプロミュージシャンとの総合芸術が、プロの演奏なのです。今度プロの演奏を聴くときは、楽器が持つ物語に想いをはせてみてください。きっと、より味わい深く音楽の世界を楽しめるでしょう。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容