気になるプロの楽器のお値段!どれくらい高級品なの?~ギター・ベース編

2017年2月20日(月)

ギターやベースといえば、楽器の中でも比較的手軽に始めやすいと人気の楽器です。そうはいってもプロのミュージシャンの愛用品ともなれば、楽器の質も素人が使うものとは違うのでしょうか?そこで今回は、プロのギターリストやベーシストが愛用している楽器のお値段を調べてみました。

 

プロギターリスト、ベーシストの楽器のお値段は?

プロのギターリスト、ベーシストが使う楽器のお値段は、一般的な意見としては20万以上という声が多いです。ただし、ヴァイオリンなどのクラシック楽器と違うのが「値段は関係ない」という声も多いところ。「値段が安いギターやベースでも、その楽器の出す音が曲のイメージにぴったりなら使う」ということですね。それでは、ギターやベースのお値段は、どうやって決まるのでしょうか?

 

一万円程度の楽器と数十万の楽器の違いは、素材の違い!

ギター、ベースのボディは木材でつくられていますので、木材の違いは音の違いにつながります。音の違いは好みなのですが、質の悪い木材であれば、湿気や乾燥といった気候の変化に耐えられないことがあります。ちなみに木材には、同じものであっても産地によって値段が変わるという特徴があるので、その点にも注意が必要です。同じお肉であっても、産地によってブランド肉になるようなものですね。

また、ギターやベースの弦を巻くペグや弦を支えるブリッジなどに使われる金属の質も、楽器の値段によって変わってきます。金属パーツが安物だと、壊れやすい、チューニングが狂いやすい、などの悪影響が出てきます。

 

最高級のギターは2億4000万円!?

20万円ほどあればプロクラスのギター、ベースが持てるということでしたが、最高級クラスとなればどのようなものがあるのでしょうか?調べてみたところ、なんと2億4000万円というギターを見つけました!それは有名ギターメーカーGibson(ギブソン)製作のギターだったのですが、そのお値段の理由は、時価200万USドルのダイヤモンドをちりばめているからでした。なんでも、演奏すると表面のダイヤモンドが剥げるので、ステージの演奏には不向きだとか…。こうなれば完全にお金持ちのオブジェ用ですね。

 

プロのギターリスト、ベーシストは他の楽器の人より安上がり?

プロのギターリストやベーシストの楽器のお値段を見ると、ヴァイオリニストやチェリストに比べてお手頃のような気がしてきました。でも、ギターリストやベーシストの特徴として「イメージに合わせた音を出すために、楽器をたくさん持っている人が多い」ということが挙げられますので、そうとも言えないのかもしれません。音の世界はとても奥が深いものです。今日もギターリストやベーシストは、新たな音の追求に励んでいるのでしょうね!

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容