披露宴の余興を安くすませる方法

2016年9月17日(土)

披露宴の余興、何をしたらいいのか頭を悩ませるところですよね。

以前は、新郎新婦の友人に余興をお願いするスタイルが主流でしたが、最近では外注する傾向が高いようです。

“お互い気をつかう必要がない”“余興の質が高くなる”“打ち合わせや練習時間などの負担がなくなる”“時間がオーバーすることがない”以上のことが、外注するメリットとしてあげられます。

ただ、外注すると費用がかかることも事実です。ここでは、披露宴にぴったりな「費用の安い余興」を紹介します。

 

■ムービー、ビデオレターを外注する

最近では主流になり、あまり新鮮さは感じにくいですが、友人たちからのビデオレターや新郎新婦の紹介ムービーは人気が高いです。

思い出に残るたった1つのオリジナルを作ることができるのが人気の理由かもしれません。

自作で作ることもできますが、最近では、スマホやデジカメで撮ったデータを送信するだけで簡単にできます。安いところでは1万円台から作ってくれる所もたくさんあるようです。

これだと、ほとんど労力は使わずにクオリティの高いものを作ることが可能ですね。

時間も明確なので、披露宴当日、余興が長引いてしまうことを防ぐこともできます。

 

■キャンドルサービス・テーブルフォトサービス・ブーケトスなど

これらは、オプションとして披露宴のプログラムに簡単に組み込むことができるケースがほとんどです。用意するものも少なく、当日までの準備もほとんどありません。比較的費用も安いので、最近でも取り入れるカップルは多いです。

また、ゲストと直接お話する機会ができるメリットもありますね。

 

■簡単なゲームを取り入れる

「新婦ドレス色当てゲーム」などゲスト全員が楽しめる簡単なゲームを行うと、会場の一体感を得ることができます。こちらも用意するものは、正解した方へのプチギフト程度でお手頃価格ですみます。

 

 

なにかと費用のかかる披露宴。最近では、「余興なし披露宴」と言った言葉もあるくらいで、余興を極力省いた披露宴もあるようです。

しかし、せっかくたくさんの方に集まってもらっているのですから、みんなが楽しめて素敵な思い出となる余興を取り入れてみることで、より充実した披露宴になるのではないでしょうか。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容