余興で歌を唄うことに!プロの生演奏にする?カラオケにする?

2016年10月27日(木)

結婚式の余興をお願いされて、歌を披露しようと考える方は多いのではないでしょうか。

その場合、カラオケの演奏に合わせるのか、プロに生演奏をお願いするのか悩むことがあると思います。

今回は、それぞれの場合のメリットをお伝えします。

是非、検討する参考にしてみてください。

 

 

<プロの生演奏をお願いするメリット>

 

最近、プロに生演奏をお願いするケースが増えています。

 

メリットの1つは、プロは披露宴のような大勢の人の前で演奏することに慣れていて上手いので、クオリティが高いものになるということです。

生演奏ですと、カラオケとは違う迫力感、臨場感も出て、ゲストに大きな感動を与えることができます。

 

2つめは、オリジナリティが出せるということです。

余興の持ち時間に合わせて曲の長さを変えたり、歌の歌詞を変えて編曲したり、演奏スピードを変化させたりと、自分のやりたいイメージに近づけることができます。

これはカラオケではなかなかできないことです。

 

最後に、安心して歌うことができるメリットがあげられます。

もし本番中にミスをしたり止まってしまった場合でも、プロの演奏者が音楽を続けてくれ、フォローしてもらえるので、大失敗につながることは少ないでしょう。

 

以上、プロに演奏をお願いした場合のメリットをあげましたが、「お金がかかる」「練習時間が多くとれない」「慣れていないので合わせにくいこともある」などといったデメリットもあります。

 

 

<カラオケを使う場合のメリット>

 

次は、以前からよく選ばれているカラオケを使う場合のメリットです。

 

まず、納得するまで練習時間がとれるということ。

カラオケボックスは至るところにありますし、営業時間も長いので、お仕事帰りやお休みの時間を使って、式のギリギリまで何度も練習できます。

当日も同じカラオケが使えれば、緊張感もそんなに感じずに本番で歌うことができるでしょう。

 

2つめは、費用がおさえられるということです。

カラオケの機材は披露宴会場に常設されていることがほとんどです。

もし使用料を取られたとしても、そこまで大きな金額ではないので、気軽に行うことができます。

 

最後に、カラオケ自体がとても身近であり、おおげさになりすぎないことがあげられます。

みんながよく知っている曲を選べば、いろんな方にマイクを向け、会場一体となって歌うことも可能です。

自分だけのオンステージにならず、会場の雰囲気もよくなるでしょう。

 

もちろん、カラオケにした場合もデメリットはあります。

「機材が古く最近の歌が入っていないことがある」「アレンジをすることができない」「途中で止まってしまったら、戻すことができない」などです。

 

 

以上、それぞれのメリットをあげていきましたが、どちらも魅力的ですね。

あとは予算や会場の都合、自分はどういう余興にしたいのか、式をあげる2人の意向などをふまえて選んでいくといいですね。

 

個人的には、せっかくのお祝いの席、華やかな舞台である披露宴なので、もし条件が合えば、生演奏をお願いして趣向を変えてみたり、特別感を出してみてもよいかなと思います。

 

*************

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容