ホテルや旅館、レストラン、バー、飲食店の定期演奏 年間契約の業者切り替えをお考えの担当者様にメリットのご紹介

2016年6月29日(水)

ホテルの定期演奏のお仕事もオトエイミュージックでは承っております。

現在、ホテル・飲食店・レストラン・料亭から個人の演奏者の方に直で演奏者に依頼してるケースが多いです。弊社の様な事務所に定期演奏を依頼した場合のメリットをご紹介致します。

 

  • 演奏者のスケジュール管理を丸投げできる

365日毎日の演奏スケジュール管理をするのって本当に大変です。演奏者が都合悪くなってしまったり、直前で体調が悪くなってしまったり!というような時でも、弊社のようにたくさんアーティストがいる会社であれば、スケジュール管理で奔走する必要はありません。時間に余裕ができれば、本来のプロモーションなどの業務に仕事を専念することができます。

 

  • 個人に依頼するより法人契約の方が経理業務と税金処理が軽減できる

法人対個人の場合、法人側は個人に支払う報酬のうち10,21%の源泉微収税(復興資産税0,21%含む)を差し引いて、その税額を銀行に翌月の10日まで支払う義務があります。そして、確定申告の時期になると個人に対して支払調書を送る必要があります。支払調書は担当税理士によって違いますが、1名ごとに支払調書を発行するのに3万円程かかる場合があります。

ちなみに源泉微収税を支払っていない場合。※手どり20,000円で報酬を支払っている場合、会社が負担して源泉微収税を支払わなければいけないので、毎回22,000円を支払っていることになります。

365日の演奏で2000円がかかる場合でも年間で72万円も損をしています。

更に10名の支払調書を発行する場合30万円の損失になります。

法人と取引する場合、これらが全て必要ないので20,000円の報酬なら20,000円のみを支払えば終わりなので経理処理が断然お得で簡単になります。

しかも、現在と同じ金額で法人と取引するなら、税金だけで100万円以上も損失が減ることにあなるので、利得しかありません。

 

  • 年間契約内でも色んなアーティストの演奏をお客様に提供できる

個人の方と取引をしていると、毎日同じような演奏だと、ホテル側も常連のお客様も飽きてしまいます。そもそも、何のために生演奏をロビーで弾いているのか?というと、ホテルの雰囲気作りのためです。いつ来ても同じが安心という方もいますが、いつも同じで退屈という方もいらっしゃいます。

退屈に感じた場合、「じゃあ来週は他の人にお願いするから来なくていいよ」って言いにくいですよね?弊社であれば、そういったアーティストの調整も可能です。もっと気軽に業務を進行することができます。

 

是非是非、定期演奏をご検討の方はotoeimusicにご依頼下さい!

 

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容