チャペルウェディングがオススメなのはこんなカップルです

2017年1月6日(金)

結婚式を迎えるにあたって、どんな形式でするのかは大事なポイントですね。結婚式の形式には、教会式やキリスト教式ともよばれるチャペルウェディングと、神社などで行う神前式の2つに分けることができます。そこで今回は、そのうちのチャペルウェディングをオススメしたいカップルの例をご紹介します。チャペルウェディングの特色をつかんで、結婚式を選ぶ参考にしてくださいね。

 

ドラマチックな結婚式を挙げたいカップルにオススメ

ステンドグラスから光が差し込むなか、純白のドレスに身を包み、父親と腕を組みバージンロードを歩く花嫁。ゲストと神父が見守るなか、ベールをそっとあげ誓いのキスを交わす新郎新婦。2人を祝福するために、高らかに鳴る鐘の音。清らかに響く讃美歌とパイプオルガンの調べ。チャペルウェディングの特色は、新郎新婦を主人公に見立てたドラマのような展開にあります。2人の結婚式以上に感動的なドラマは、どんな名優にも演じることはできないでしょう。

 

両親との絆を感じたいカップルにオススメ

チャペルウェディングには、バージンロードを歩く前に花嫁の母親からウェディングベールを下してもらう「ベールダウン」という儀式があります。ベールダウンには「新婦をベールによって邪悪なものから守る」「母親が手伝う最後の身支度」という意味があるといわれています。父親と腕を組んで歩くバージンロードの演出と合わせれば、より両親との絆を感じることが出来るでしょう。

 

小さなお子様のゲストがいるカップルにオススメ

結婚式に小さなお子様を招待する予定があるのなら、ベールガールやリングボーイなどの活躍の舞台がある、チャペルウェディングをオススメします。ベールガールとは花嫁のベールを持つ女の子、リングボーイ(ガール)は指輪の交換のときに指輪を神父や牧師のもとへ持っていく子どものことです。結婚式にお子様が参加することで場が和みますし、役割を与えられたお子様も、誇らしい気持ちになれることでしょう。

 

ささやかに結婚式を挙げたいカップルにオススメ

「親しい親族や心からの友人とアットホームな結婚式を行いたい」と考えるカップルにも、チャペルウェディングはオススメです。現在、チャペルウェディングではキリスト教式のように神に誓うのではなく、ゲストに向かって誓い合う「人前式」の結婚式も行っているところが多くあります。人前式の結婚式は、アットホームな雰囲気を好むカップルにオススメの形式です。

 

いかがでしたでしょうか?魅力がいっぱいのチャペルウェディング。結婚式をどんな時間にしたいのかという夢をふくらませて、あなたにフィットした結婚式のスタイルを見つけてくださいね。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容