お琴と演奏をするなら津軽三味線じゃなくて地唄三味線!

2016年8月3日(水)

みなさん、三味線の種類がいくつもあることはご存知ですか?

和楽器のご依頼が多くなってきていますが、ご依頼前にご確認いただければ幸いです。

 

・津軽三味線

吉田兄弟が弾いているのは津軽三味線です。音が大きく、迫力のある演奏が可能です。

 

・民謡三味線

その名の通り、民謡の伴奏に使われる三味線です。音色が艶やかです。

 

・地唄三味線

お琴か尺八と演奏をするならコレ!響きがよく、艶やかですが音量の調整ができません。

 

・子唄三味線

子唄三味線は爪で弾くのが特徴。ギターもそうですが、爪で弾くことによって澄み切った高音が鳴ります。

 

・長唄三味線

三味線入門用として使われているようです。乾いた音が特徴。学校教材用としても使われているようです。

 

今でこそ、ないことですが、現在のミュージシャンのコーディネーターを初めてから、三味線に複数の種類があるということを知らなくて、当時は津軽三味線とお琴の手配を間違ってしてしまいましたが、お琴との演奏は「地唄三味線」の方が組み合わせとして良いです。津軽三味線は大きな音で迫力があるので、お琴には合わないです。

しかし、そんな私の間違いで津軽三味線とお琴を手配してしまいましたが、物凄くカッコ良い演奏をしてくれたのがコチラ!! やっぱりプロはすごい、、、笑

最終的には結果オーライで、新しい音楽を聴かせてくれました。

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容