お店のBGMを選ぶ時に知っておきたい3つの効果

2017年3月15日(水)

どこのお店でもBGMとして音楽が流れているのは、もはや当たり前のことですよね。

 

このサイトをご覧になっているあなたは、多少なりとも音楽に興味のある方だと思います。ということは、お店で流れているBGMが何かしらの効果があるということは想像がついていらっしゃることでしょう。

 

実は、BGMはお店の雰囲気を決める役割だけでなく、売り上げをも左右すると言われてるぐらい重要な効果があるんです。

 

 

 

<BGM効果その1:マスキング効果>

 

お店の外の音や、従業員同士の会話、隣の席の人の話し声が気になってしまうことってありますよね。BGMを流すことで、自分にとって聞きたくない音を隠すことや目立たなくする効果が得られます。

そんなに大きい音量のBGMが流れているわけでもないのに、「まわりの音がなぜか気にならない」「作業や目の前の人との会話に集中できる」ということってありますよね。

 

 

 

<BGM効果その2:イメージ誘導効果>

 

「楽しく明るい感じにしたい」「高級感を出したい」「落ち着いた雰囲気を作り出したい」など、お店のコンセプトに合ったイメージづくりは大切ですね。

お店のインテリアや内装にこだわることも効果的ですが、実はBGMで思いのままに演出することができちゃうんです。

 

人はイメージで物事を判断します。

お店のコンセプトにしっかり合ったBGMを選ぶと、音楽のイメージがそのお店のイメージとなり、狙い通りの効果を出すことが可能です。

 

例えば、カフェミュージックと言われる音楽は、お洒落なカフェでゆったりくつろぐのにぴったりな選曲ばかりですよね。

 

 

 

<BGM効果その3:感情誘導効果>

 

BGMは、人の感情を動かし、無意識に行動を誘導する効果もあります。

 

スローなBGMを流すと、ゆっくり買い物したり食べたりする。

テンポの早いBGMを流すと、お店の回転速度が早くなる。

高級感のあるBGMを流すと、高い買い物をしたり、リラックスした気分になる。

 

思い当たるところがあるのではないでしょうか。

 

その効果を知り、うまく利用しているお店は、あえて時間によってBGMのテイストを変えることもあります。

 

ランチタイム/ディナータイム

春/夏/秋/冬など、季節や行事ごと

開店時間/閉店時間 など

 

BGMを変えることで、お客様に気づかれないところで、お客様を思いのままに動かしているのです。

 

分かりやすい所では、閉店時間に多くの店で流れる「蛍の光」の音楽。

あの音楽を聞くと、無意識に「早く買い物してお店を出なきゃ」という気分になり、買い物の速度が速まりますよね。これもお店の戦略です。

 

 

 

<BGMの演奏依頼ならオトエイミュージックに!>

BGMの効果を知ってしまったら、お店側としてはBGMを「なんとなく」では選べませんね。お客様を逃さない効果的なBGM選びをしていきましょう。

 

企業のイベント、結婚式などで流す音楽も同じです。

BGM選びで、企業・ブランド・商品・イベント・会場などの雰囲気が決まってしまうといっても大げさではありません。

オトエイミュージックでは、確かな技術と経験を多く積んだミュージシャンが在籍しております。

お仕事のご相談・ご依頼はこちら>

お問い合わせ

キャンセル料金につきまして

  • 演奏日から3ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の50%をご請求いたします。
  • 演奏日から2ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の80%をご請求いたします。
  • 演奏日から1ヶ月以内のキャンセルはお見積もり総額の100%をご請求いたします。

ご注意

  • イベント会社様からのご相談は、相見積もりの場合はお断り致します。
  • 他社様にも同時にご相談している場合は、弊社ではお引き受けできません。
  • お支払いは完全前払いにてお願い致します。
お名前
お電話番号
メールアドレス
ご予算
お問い合わせ内容